葉蘇

(アカンサス)

西洋古典主義において装飾模様として好まれた

葉蘇(アカンサス)の葉は西洋古典主義において装飾模様として好まれました。日本には明治末期に入って来たといわれています。150cm程の高さになり150cm程の高さになります。鎌倉では長谷寺に咲いています。

開花時期5月下旬~6月中旬
主な見所長谷寺

長谷寺の葉蘇(アカンサス)。舶来の雰囲気があります。

長谷寺の葉蘇(アカンサス)。舶来の雰囲気があります。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です