スポンサー広告

駅周辺・八幡宮

鎌倉の駅周辺・八幡宮エリアにある寺と神社を紹介します。
今大路、寿福寺のとなりにある相馬天王(八坂神社)。静かな境内は、千葉常胤の次男、相馬師常の屋敷跡です。

八坂神社(相馬天王)

千葉常胤の次男、相馬氏の祖である相馬師常が自身の鎌倉屋敷内に守護神を祀ったことに始まる神社です。桓武平氏の一族らしく、桓武天皇、葛原親王、高望王が祀られています。

巽神社。小さな社に古の大将軍を偲びます。

巽神社

坂上田村麻呂、源頼義ゆかりの神社です。今大路、寿福寺より少し鎌倉駅寄り、通りの反対側にぽつんと神社があります。この地味な神社に平安の武の象徴的存在である二人の大将軍が深く関わっています。

青梅聖天社。小さな御堂があります。

青梅聖天社

巨福坂切通し(民家があり通行はできません)の側にある青梅聖天社は、南北朝期につくられた双身歓喜天を祀ります。

薬王寺境内。

薬王寺

閑静な扇ガ谷の地にある薬王寺は、日蓮から京都布教を託された日像が開山し、徳川家ともゆかり深いお寺です。

源頼朝の時代から続く岩窟不動尊。

岩窟不動尊

鎌倉幕府の公式記録『吾妻鏡』にも登場する中世の証人、岩窟不動尊。現在は崩落の危険があり、岩窟の前に祠が建てられています。

舞殿と本宮。散歩するにも写真を撮るにも朝一番がベスト。

鶴岡八幡宮

鎌倉を象徴するものはたくさんありますが、やはりここ、鶴岡八幡宮が一番でしょう。日本三大八幡宮、武家の守護神として厚い信仰を受けてきました。源平池の桜や紅葉なども楽しめますし、境内にある鎌倉国宝館もぜひいっておきたい場所です。

英勝寺。御本尊の阿弥陀三尊像が安置された仏殿。1636年の創建当時から残る建物です。天女や鳳凰の見事な天井画が見られます。

英勝寺

室町以降の鎌倉と縁の深い尼寺。徳川家康の側室であった英勝院が父祖太田道灌の屋敷跡を徳川家光より与えられ、英勝寺を創建しました。

鎌倉駅に最も近いお寺さんです。

おんめさま 大巧寺

安産祈願のお寺さんとして有名な、おんめさま大功寺。参道に植えられた多くの花々に名札を付ける気遣いが嬉しく感じます。鎌倉の花の開花時期の目安としてもありがたい場所です。

客殿。

浄光明寺

扇ガ谷にある真言宗のお寺さん浄光明寺。賑やかな小町通りから少し入ったところにあります。静かにこじんまりと咲く梅の花が大変きれいな、季節には毎年訪れる場所です。

お稲荷様らしい風景。

佐助稲荷神社

源頼朝の吉夢を元に創建された佐助稲荷神社。佐助の静かな谷戸にたっています。頼朝の吉兆に由来するのは銭洗弁財天が有名ですが、こちらも鎌倉らしい風情のあるお社です。

Page 1 / 212
スポンサー広告
スポンサー広告
  • facebook
  • twitter

カテゴリー

鎌倉タイムをメールで購読!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

965人の購読者に加わりましょう

PR





本サイトに掲載されている原稿・写真・独自情報に類するもの等すべてのコンテンツの無断掲載を禁じます。取材・原稿執筆・写真撮影/貸出など承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。