スポンサー広告

大町・小町

鎌倉の大町・小町エリアにある寺と神社を紹介します。
蛭子神社境内と本殿。本殿は1923年(大正12年)の大震災で倒壊し、1933年(昭和8年)に再建されました。

蛭子神社

源頼朝、日蓮ともゆかりのある小町の鎮守、蛭子神社です。小町大路の中程、滑川沿いに建っています。

妙法寺、苔の石段。ここに立つことは、歴史と自然の静寂を感じる至福の時です。

妙法寺

第11代将軍徳川家斉が度々訪れ、徳川御三家、肥後細川家の崇敬と庇護を受けた日蓮宗のお寺が妙法寺です。松葉ヶ谷草庵跡とよばれる場所のひとつ。中興開山、護良親王の子、日叡が諸堂を創建しました。

別願寺。かつては日本の東を治めた権力者、鎌倉公方の菩提寺として栄えました。

別願寺

長閑な雰囲気のお寺別願寺。入口にフラダンス教えますなどと看板があり、とても親しみやすい風情ながら、足利持氏の供養塔があり、鎌倉公方の菩提寺として大いに栄えたという格式ある歴史をもっています。

祇園山を挟んで妙本寺の反対側あたりに大寳寺はあります。大町のとてものどかな場所にあります。大町四ツ角を名越方面に歩き、川の手前を左折していきます。

大寳寺

新羅三郎義光が館を構えた場所。その子孫佐竹氏もまた同地に屋敷を構え、南北朝から室町期の11代当主佐竹義盛が出家して多福寺を建立しました。1444年に日出上人によって再興され日蓮宗多福山大寳寺となりました。

ここは観光するところではない、と鎌倉の寺社の中で唯一観光協会に加盟していない上行寺さん。仏の道を示す場所です。平成25年(2013年)〜平成26年初め頃、修復が行われてきれいになりました。個人的に何となくこの門の雰囲気に愛着があるので、写真は昔のままになっています。

上行寺

大町四ツ角近くにある日蓮宗のお寺さん上行寺。御本尊の三宝祖師の他、瘡守稲荷や鬼子母神も祀られ御利益豊かです。本堂内は敷居や柵で仕切られることなく、間近で心を込めて参拝することができます。

安国論寺本堂。御本尊、南無久遠実成本師釈迦牟尼仏が安置されています。

安国論寺

大町の谷戸に建つ日蓮宗の美しいお寺さん安国論寺。日蓮上人は安国論寺にある岩屋に籠って『立正安国論』を著したといわれます。山や樹々との距離感が近く、山に包まれているような気持ちになります。

大町から材木座へと抜ける道、線路の手前、本興寺の向かい側あたりです。

辻の薬師

質素な見た目に反して平安仏に1200年の歴史という見所の多い薬師さまです。本尊の薬師如来には聖武天皇の御代より数々の苦難をくぐり抜けてきた歴史があります。

妙隆寺本堂

妙隆寺

日蓮上人辻説法跡のすぐ近くにある、日蓮宗のお寺さん。日蓮上人にならい数々の難行苦行を耐え抜いた日親上人が有名です。

宝戒寺は萩寺ともいわれます。秋に入った9月上旬~下旬まで境内は萩に覆われます。

宝戒寺

最後の執権、北条高時の菩提を弔うために後醍醐天皇が足利尊氏に命じて創建した天台宗のお寺さん宝戒寺。天台宗における関東の重要道場として位置づけられ、遠国四箇の戒場といわれました。また、萩を始めとした花々は季節毎に見事です。

立派な本堂。

本覚寺

本覚寺は日蓮の遺骨が分骨された御分骨堂がある、日蓮宗の由緒寺院です。駅の側にあるので、散策コースに気軽に組み込めます。

Page 1 / 212
スポンサー広告
スポンサー広告
  • facebook
  • twitter

カテゴリー

鎌倉タイムをメールで購読!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう

PR





本サイトに掲載されている原稿・写真・独自情報に類するもの等すべてのコンテンツの無断掲載を禁じます。取材・原稿執筆・写真撮影/貸出など承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。