土肥実平

(どい さねひら 生没年不詳)

頼朝の苦境を支えた相模国の有力豪族

 中村宗平の子。相模国の有力豪族。足下郡土肥郷(現 神奈川県足柄下郡)を本拠とし、中村党といわれる武士団を率いた。頼朝が挙兵すると中村党は一糸乱れず参じた。『吾妻鏡』でも挙兵最初の戦い、山木兼隆襲撃からすでにその名が登場する。石橋山の合戦に備え三浦一族などとの合流のため頼朝は相模国土肥郷に向かっていることから、挙兵初期において中村党が大きな役割を果たしていたことが伺える。石橋山の戦いに敗れわずかな手勢とともに窮地に追い込まれた頼朝を補佐し真鶴から海路安房へとともに逃亡した。その後も数々の戦に功を挙げ、備前、備中、備後3か国の守護となった。戦国武将小早川隆景は子孫にあたる。

『前賢故実』の土肥実平。

『前賢故実』の土肥実平。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です