東宝映画のスターたちPart1 男優篇

日本映画黄金期の東宝映画

東宝東和の創設者として映画の発展に大きな貢献を果たした川喜多長政の鎌倉邸跡にその遺産を継承しつくられた川喜多映画記念館において、「東宝映画のスターたち」が開催されます。

日 時平成25年7月4日(木)~9月1日(日)
会 場鎌倉市川喜多映画記念館
住 所鎌倉市雪ノ下2-2-12
開館時間9:00~17:00
休館日月(祝日の場合は開館)
料 金企画展観覧 一般200円(小中学生100円)、映画鑑賞料金 一般800円(小中学生400円)※映画鑑賞券の展示で企画展が閲覧できます。
公式HP鎌倉市川喜多映画記念館
 

 東宝が積極的に映画製作を行っていた時代の綺羅星のごときスターたちを一同に見る事ができます。今回のPart1では「明るく楽しい東宝映画」を代表するシリーズ作品を中心に、男優篇として開催されます。

 公開当時のポスターから、ファン雑誌などの貴重な映画資料の展示と、『青い山脈』、『続 青い山脈』の一挙上映を含む9作品の映画上映も行われます。日本映画黄金時代のスターたちを鎌倉において堪能できる嬉しい企画です。Part2は文芸作品を中心に女優篇を開催するとのこと、こちらも楽しみです。

 その昔鎌倉駅の裏駅に映画館があり子供の頃にはよく行ったものです。現在鎌倉には映画館はありませんから、川喜多映画記念館のはとても貴重です。今後も企画展のお知らせや報告など掲載していきますのでお楽しみに。

 鎌倉市川喜多映画記念館について

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です