源氏山公園

(げんじやまこうえん)

平安時代から源氏とつながる源氏山

桜と紅葉の季節、源氏山公園は花見見物で賑わいます。葛原岡神社や銭洗弁財天もあわせて参拝できます。

エリア源氏山公園
住 所鎌倉市扇ガ谷4-649-1
アクセス「鎌倉駅」下車、徒歩25分/「大船駅」より京急バス(船50)桔梗山行にて「源氏山入口」下車、徒歩7分

源氏山公園_01

鎌倉時代からある像というわけではないのですが、筆者が描く頼朝にとても近い容姿をしています。

源頼義による安倍氏討伐、前九年の役の後、奥州の覇者となっていた清原氏の内紛に頼義の子・義家が介入した後三年の役(1083-1087)において、後に武神として崇められた義家がこの地に旗を立て戦勝祈願をしたことから源氏山といわれるようになりました。

前九年の役に勝利した頼義は由比ガ浜に由比若宮(現在の鶴岡八幡宮)を勧請し、子の義家は後三年の役の勝利をこの地で祈願しており、鎌倉が河内源氏における拠点であったことが伺われます。

頼義、義家、為義、義朝、そして頼朝にいたって河内源氏は鎌倉の地に幕府を開くこととなります。

桜は源頼朝像の眼前に、紅葉は像の背後と少し大仏ハイキングコース方面へと行ったところに色づきます。あじさいは少しですが像の前を飾るように咲きます。源氏山は葛原岡神社のあたりも桜の名所となっていますから、一日中お花見を楽しむことができます。

源氏山公園にいたるルートは主に2つ。銭洗弁財天からと、化粧坂切通しです。雰囲気を感じるなら化粧坂、花見で荷物が重い場合は化粧坂は滑りやすいですから銭洗弁財天からがよいと思います。

源氏山公園の桜

源氏山公園の紫陽花(あじさい)

源氏山公園の紅葉

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です