半夏生

(ハンゲショウ)

日の当たる水辺や湿地に群生

そこそこに日の当たる水辺や湿地に群生しています。葉の表面だけが白くなるのが特徴でカタシロクサとも呼ばれています。ドクダミ科なので匂いはあまりよくないのですが、目立たずに咲く花は味わいがあります。太陽が黄経100度にある日、夏至から11日目の梅雨が明ける7月2日頃に開花することから半夏生(ハンゲショウ)と呼ばれます。

開花時期6月中旬~7月中旬
主な見所海蔵寺浄智寺瑞泉寺

海蔵寺半夏生(ハンゲショウ)。本堂裏の池のほとりに咲きます。

海蔵寺半夏生(ハンゲショウ)。本堂裏の池のほとりに咲きます。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です