彼岸花

(ヒガンバナ)

千以上の別名を持つ

死人花、地獄花、幽霊花、剃刀花、狐花、捨子花、天上の花。千以上の別名を持つといわれる花です。北海道から沖縄まで日本全土に見られます。全草毒性を持っており、ネズミやモグラの被害から田んぼを守ったり死体が動物によって荒らされるのを防ぐために、その毒性を利用して畦や墓地に植えられたと考えられています。 彼岸花が咲けば秋が深まっていきます。

開花時期9月中旬~下旬
主な見所宝戒寺浄光明寺浄妙寺海蔵寺、大巧寺、光触寺光則寺円覚寺浄智寺

浄智寺の彼岸花(ヒガンバナ)。多数の群生が見られます。

浄智寺の彼岸花(ヒガンバナ)。多数の群生が見られます。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です