ハイランド

長い桜並木が何本も続く

鎌倉山と同じ様に宅地開発の際に植えられた桜が見事な並木となっています。名越切通しや逗子の岩殿寺との組み合わせで訪れるのがよいと思います。

エリア浄明寺・十二所
住 所浄明寺6丁目~逗子市久木8丁目付近
アクセス「鎌倉駅」よりバス「東泉水」下車

ハイランドの桜

ハイランドの桜並木。

鎌倉市浄明寺と逗子市久木の山を切り開いたハイランドという住宅地に桜並木があります。逗子へと抜ける道だけでなく住宅地の中にもありなかなか豪快なものです。桜並木はハイランドの坂が始まる明石橋交差点付近から、山を超えて横須賀線の線路に出るまで続きます。さらに、途中東泉水信号を右折しても、西友ストアへといく道を右折しても続いています。「東泉水」信号を右折すると富士と桜、鎌倉の山が眺められる富士見スポットもあります。

ハイランドの桜。東泉水信号を曲がるとこの桜並木が続きます。

ハイランドの桜。東泉水信号を曲がるとこの桜並木が続きます。

ハイランドの桜。桜並木も素晴らしいのですが、この富士見スポットの桜も鎌倉の山と桜、そして天気がよければ富士を望めます。

ハイランドの桜。桜並木も素晴らしいのですが、この富士見スポットの桜も鎌倉の山と桜、そして天気がよければ富士を望めます。

鎌倉の歴史散歩ということになると、名越切通し、法性寺、岩殿寺との組み合わせがベストと思います。まずは、1日かけて歩くルートから。

鎌倉駅から大町へと向かい逗子方面へとひたすら歩くと名越踏切を越えます。さらに名越坂を登り、名越切通しに入ります。名越切通しは出口がいくつかありますが、法性寺側ではなく自然公園を抜けてハイランドへと出るルートをとります。

ハイランドの桜並木を歩いたら逗子方面へと向かい、久木にある岩殿寺にお参りし逗子駅へと向かいます。岩殿寺源頼朝も篤く崇敬した1300年のお寺さんです。

徒歩を少なくするためには、名越切通しをカットします。鎌倉駅から京急バスに乗り「東泉水」で下車します。逗子駅方面へと桜並木を歩き、岩殿寺にお参りし逗子駅へと向かいます。

ハイランドの桜。明石橋から上がってくるとこの「東泉水」信号があります。真っすぐ走ると線路にぶつかるまで桜が続きます。東泉水信号を右に曲がると桜並木が続き、桜と富士が見られる富士見の公園に出られます。

ハイランドの桜。明石橋から上がってくるとこの「東泉水」信号があります。真っすぐ走ると線路にぶつかるまで桜が続きます。東泉水信号を右に曲がると桜並木が続き、桜と富士が見られる富士見の公園に出られます。

ハイランドを上がりきると、名越切通口あたりに富士見公園があります。桜がとてもきれいです。大島桜もみられます。

ハイランドを上がりきると、名越切通口あたりに富士見公園があります。桜がとてもきれいです。大島桜もみられます。

ハイランドは筆者が子供の頃に開発されました。桜もその時に植えられたでしょうから、35年程たっていることになります。元々は美しく深い山でした。桜並木は美しいものながらこの点は残念でしかたありません。頼朝が杉本寺から岩殿寺へと参拝した古道なども、その部分は開発に伴ってなくなってしまいました。

ハイランドの桜フォトギャラリー

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です