比企能員

(ひき よしかず ? – 1203)

比企尼の子として頼朝の信任厚い側近

 比企尼の養子(実の甥)。頼朝の乳母である比企尼は頼朝が伊豆に配流となると郡司職となっていた武蔵国に下向してまで支援を続けた。比企尼は夫の掃部允が死去すると甥の能員を養子として家督を継がせた。その縁から頼朝の信頼は厚く、治承・寿永の乱を通じて活躍、奥州合戦では北陸道の大将軍を務めた。北条政子は能員の屋敷において万寿(頼家)を出産、能員は頼家の乳母夫となった。苦労した時代を支えた縁から頼朝の信頼は厚く、平氏追討でも活躍、奥州合戦では北陸道の大将軍となった。娘の若狭局は頼家の側室となり一幡(長男)を産み、外戚として権勢は高まった。頼家が病床に伏すと一幡がすべてを継ぐことによる権力低下を嫌った北条氏の横やりによって弟実朝が権利の一部を継ぐこととなった。北条氏はさらに、不満を持った能員が謀反を企てているとして能員の屋敷を攻め一族を滅ぼした。比企の屋敷跡には現在妙本寺が建てられその一角に比企一族の墓がある。

関連ページ:妙本寺

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です