日野俊基の墓

(ひのとしもとのはか)

源氏ゆかりの山に眠る倒幕の勇士

倒幕の勇士、日野俊基の墓が源氏山にあります。明治天皇は建武の中興を高く評価したため、鎌倉の地には明治天皇によって創建された南朝関連の史跡があります。日野俊基の墓や、日野俊基を祀る葛原岡神社もそうです。

エリア源氏山公園
住 所鎌倉市梶原5-9 葛原岡神社そば
アクセス「鎌倉駅」下車、徒歩25分

日野俊基の墓。

新緑に囲まれた日野俊基の墓。紅葉しそうな感じなのですが、そうでもありません。

明治天皇の強い御意思によって建てられた日野俊基を祀る葛原岡神社の近くにあります。案内としては葛原岡神社としてひとくくりにされることもあります。葛原岡神社の中に処刑の地があり、鳥居から源氏山公園の方へ歩くとすぐ右手に墓があります。

日野俊基は、鎌倉幕府打倒を目指す後醍醐天皇に見いだされた有能な人物でした。幕府打倒の中心人物として活躍しましたが、1332年幕府に捕らえられ葛原岡神社のある場所において処刑されました。約1年後には大塔宮護良親王を戴いた楠木正成、新田義貞らの活躍によって鎌倉幕府は滅亡しました。

明治天皇は日野俊基の活躍を明治維新の先駆けとして評価され、従三位を贈り、葛原岡に神社を創建しました。葛原岡神社は、由比ケ浜の総鎮守、開運の神様、学問の神様として信仰を集めます。境内には大黒様を祀る縁結び石もあり、カップルに人気です。

葛原岡神社について

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です