常栄寺

ぼたもち寺の梅

本覚寺、妙本寺、上行寺、安国論寺、妙法寺など日蓮宗のお寺さんが集中する大町エリアにあって独自の存在感を持つ常栄寺(ぼたもち寺)。

エリア大町・小町
住 所鎌倉市大町1-12-11
アクセス鎌倉駅より徒歩10分

本堂左手の梅。

本堂左手の梅。

梅はこじんまりとした境内の左手に数本あります。本堂手前の提灯にかかるようにして咲く梅は参拝者をほっとさせてくれます。

妙本寺の山門右手の小道を入って1~2分程度歩いたところにありますから、妙本寺とあわせて訪ねてみてはいかがでしょうか。

日蓮が受けた法難の中でも最大のピンチであった龍の口法難。敵対する勢力や幕府の武士に捕らえられ、刑場へと引き回される日蓮。常栄寺の地に住んでいたひとりの尼が最後の供養にとぼたもちを差し出しました。

ご存知のとおり日蓮は、龍の口の法難を法力によって乗り越えます。この奇跡を起こした力のひとつにぼたもちを差し出した尼の信心があるということで、常栄寺が建てられました。

関連記事

常栄寺(ぼたもち寺)の歴史など詳細はこちら

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です