浄智寺

梅を楽しんでいたら、タヌキを驚かしてしまいました

往時には11の塔頭に500名の人員を抱える円覚寺級の大寺院だった浄智寺。現在もそれを彷彿とさせる雰囲気に満ちています。

エリア北鎌倉
住 所鎌倉市山ノ内1402
アクセス北鎌倉駅下車、徒歩7分

浄智寺の梅

浄智寺の梅

北鎌倉駅から鎌倉方面に5分ほど歩き、踏切の手前を右に曲がると浄智寺はあります。山門の手前には甘露ノ井があり、そこから山門まで長い珍しい鎌倉石の階段を上り、山門をくぐると右手に梅の木があります。

本堂の少し奥には数本の梅があり、1本はまだ小さいですがきれいな枝垂れ梅です。寂静とした境内は梅に関してもけして東慶寺のように派手さはありません。往時を想像しながら広い境内を梅を見ながら歩くのがとても楽しい時間です。

市指定記念物の見事な高野槙や鎌倉江ノ島七福神の一、布袋様もいます。梅に関しては他と同様、3月中旬頃が見頃です。

この日、境内にある狸の像を撮影していたら、偶然本物の狸に出会いました。そういえば子供の頃、何度か家の側でも狸をみかけました。最近は数が減っているのでしょうか、あまり見なくなりました。

関連記事

浄智寺について

浄智寺の紅葉

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です