海棠(カイドウ)

(かいどう)

薄紅色の花が咲く可憐な華やかさ

バラ科リンゴ属の海棠は可憐な華やかさがあり鎌倉ではとても人気のある花。桜よりも少し細身の枝にたっぷりと花がつき、下向きに咲くので枝垂れているように見えます。蕾のときは紅色、開花すると薄紅色の花が咲きます。

開花時期3月末〜4月上旬
主な見所妙本寺安国論寺海蔵寺浄智寺光則寺

光則寺の海棠は樹齢200年の古木。少し弱っているようで花つきが悪くなっています。それでも森々とした光則寺を包み込むような美しさです。

光則寺の海棠は樹齢200年の古木。少し弱っているようで花つきが悪くなっています。それでも森々とした光則寺を包み込むような美しさです。

桜の前後に咲き、概ね後に咲きます。昔は桜よりはっきりと遅く、4月中旬〜下旬に咲いていたように思いますが、2013年は桜と同時に咲き、2014年は桜が終わる頃には見頃でした。

見所は光則寺妙本寺安国論寺。いずれの木も鎌倉市の天然記念物に指定されています。

海棠(カイドウ)フォトギャラリー

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です