杜若

(カキツバタ)

アヤメ科の多年草で初夏に濃紫色の花を開く

湿地を好むアヤメ科の多年草で初夏に濃紫色の花を開きます。菖蒲と杜若は「どちらが菖蒲か杜若か」といわれるほど見分け難いです。杜若は中央に黄や白の斑紋があり、園芸用に品種改良された白杜若は海蔵寺本堂裏にある池や光触寺の池に咲いています。また、鎌倉駅から海蔵寺に向かう際、岩船地蔵堂前の道を歩いてみましょう。傍らを流れる小川に咲いています。

開花時期5月中旬~6月上旬
主な見所海蔵寺光触寺

海蔵寺の杜若(カキツバタ)。本堂裏の池にあります。まだ穏やかさの残る初夏の 陽射しに映えます。

海蔵寺の杜若(カキツバタ)。本堂裏の池にあります。まだ穏やかさの残る初夏の陽射しに映えます。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です