コクリコ

(こくりこ)

クレープのコクリコ。鎌倉に来たら食べて欲しい

散策疲れを癒す一服。洋菓子部門でもっともおすすめしたいのがクレープのコクリコです。もやは鎌倉では定番の存在ですが、やはり、子供の頃から食べてきた美味しいクレープはいまだに食べたくなります。

エリア駅周辺・八幡宮
住 所鎌倉市雪ノ下1-6-4(小町通り店)、御成町10-6(御成通り店)
電 話0467-22-7286(小町通り店)、0467-23-8551(御成通り店)
営業時間10:00~18:30
休みなし
メニュー(参考)バターシュガー300円、シナモンシュガー300円、チョコバナナ450円、ラムシュガー300円、生クリームチョコバナナ500円、ハムレタス400円 他
ぐるなびhttp://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14002246/

鎌倉で育った人なら誰でも知っているお店です。鎌倉でクレープといえばここ、コクリコです。子供の頃、親におねだりした人も多いはず。鎌倉育ちの女優・鶴田真由さんも何かのインタビューでコクリコの話をしていました。

パリッ、サクッと焼き上げた香りのよい生地が記憶に残る味です。この香りが大好きで、いまだにバターシュガー(300円)ばかり食べています。もちろんたまに食べるクリームやバナナ、チョコやツナレタスなどもとても美味しいのですが、やはり8割方バターシュガーになってしまいます。クレープはケーキと違って油があまりはいっていないからもたれずに食べられます。

昔は小町通り沿いと同じビルの反対側、若宮大路沿いの海松色の店舗だけでしたが、今は御成通りにもお店があるのでとても重宝します。数年前まで、若宮大路沿いの店舗ではとても美味しいサンドイッチがありました。これを目当てにいかれた方も多いと思います。

なぜやめてしまったのかなと大変残念だったので、ご両親とともにコクリコを切り盛りされている店主の娘さんに伺ったところ、「皆さんに残念に思っていただけているようでありがたいです。年を重ねてきて、体力的に仕込みがきつくなってきたようです」とのことでした。

以前にご主人が「特別なことは何もしてないですよ」と言っていたそうですが、丁寧な手のかかる仕込みを毎日されていたのだなと美味しさに納得した覚えがあります。

小町通り、御成通りの両店舗とも店内でお茶も飲めますので、ぶらぶら歩きながら食べるもよし、店内でお茶と一緒にいただいて散策の疲れをとるのもよしです。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です