高徳院(大仏)の紅葉

晩秋の大仏様

長谷には紅葉の名所が密集しています。長谷寺、光則寺、そしてこの高徳院(大仏)です。紅葉は国宝鎌倉大仏を囲むように点在しており、御尊顔を拝しつつみる紅葉はまさに鎌倉の晩秋といえるでしょう。

エリア長谷・腰越
住 所鎌倉市長谷4-2-28
アクセス江ノ電「長谷駅」下車、徒歩10分

高徳院(大仏)の紅葉。受付を入って大仏様へと向かう途中にあるススキと紅葉。

高徳院(大仏)の紅葉。受付を入って大仏様へと向かう途中にあるススキと紅葉。

高徳院(大仏)の紅葉は、源氏山のように真っ赤な紅葉に覆われるようなものではなく、大仏様を囲むように点在しています。受付を入って左手の小川が流れているあたりに紅葉が数本あり、大仏様へといく前の燈籠のところにススキと紅葉があります。

大仏様の左側には大きな石碑にかかるように紅葉があり、大仏様の背後には銀杏が黄色く色づいています。晩秋の鎌倉、大仏様と紅葉、とてもよい組み合わせです。

子供の頃から幾度と無くみている大仏様、何度みても何か新鮮な気持ちになります。普段の自分が深く執着心に絡め取られているからでしょうか。普段の自分が深く執着心に絡め取られているからでしょうか。いろいろ考えそうになるのを抑えて今日も「南無阿弥陀仏」と唱えます。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です