(クスノキ)

クスノキ科の常緑高木

クスノキ科の常緑高木。温暖な気候を好み日本では九州に多く生育します。鎌倉ではそれほど大きな楠はみかけません。日本最大の楠(クスノキ)は鹿児島県の蒲生八幡神社の蒲生の大楠。幹周は24.2m、高さ30m、樹齢約1500年にもなり、他の木も含め日本最大の巨木となっています。

枝葉を蒸留したものは防虫剤や医薬品に使用される樟脳が得られる。強い芳香による防虫と腐敗に強い性質から家具や仏像、軍船の材料としても重宝されました。

主な見所源氏山

源氏山の楠(クスノキ)。管理事務所付近にあります。幹周は2m80cm。

源氏山の楠(クスノキ)。管理事務所付近にあります。幹周は2m80cm。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です