※鎌倉風致保存会が移転したため、現在旧安保小児科医院は見学できなくなっています。


旧安保小児科医院

(きゅうあんぽしょうにかいいん)

昭和のまま時が止まった空間、いまにも動き出しそう

エリア駅周辺・八幡宮
住 所鎌倉市御成町9-1
開館9:00~17:00
休み月(月が祝日の場合は翌日)

鎌倉、御成通り沿いに佇む旧安保小児科医院は、大正末期~昭和初期の雰囲気が味わえる洋館。三方に設けられた切妻屋根とハーフティンバーの妻壁が印象的です。

大正末期~昭和初期に建てられ、平成7年まで医院として使用されていました。創建当時の状態がよく残されており、現在は建物の待合室と診察室が一般公開されています。

前面が格子窓の診察室は内装、照明器具だけでなく当時の医療器具なども残されており、まさに昭和初期にタイムスリップできる空間です。天井にある兎や鶏をかたどった愛らしい飾りは、きっと子供たちを和ませるためだったのでしょう。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です