LA PASSION

(ラ・パッション)

美味くて楽しいフランス食堂。鶴岡八幡宮のすぐ側です。

豊かなフランス田舎料理を気軽に楽しむなら若宮大路のラパッションです。南フランスの雰囲気に統一した店内はまさにフランス食堂。お気に入りのお店があると観光や散策も充実するというものです。

エリア駅周辺・八幡宮
住 所鎌倉市雪ノ下1-8-36 津多屋ビルB1
TEL0467-24-4242
開 館11:30~15:00、18:00~22:00
休 み月曜
アクセス鎌倉駅下車、徒歩7分
公式HPhttp://lapassion.info
facebookhttp://www.facebook.com/lapassion.info

ここ数年、鎌倉には洋食の良いお店がたくさんできています。キーワードは本格料理、気軽な雰囲気、手頃な価格という感じです。イタリア料理やスペインのバルなど色々ありますが、フランス料理ならここ、LA PASSION(ラパッション)が抜群です。

鎌倉駅から歩いて7分程、若宮大路の駅側の通り沿いにあります。駅に近いわりに落ち着いた場所です。地下にありますが地上に近く風が抜けるため空気はこもりません。

料理はフランスの田舎料理。素材とソースの豊かな世界を楽しむフランス料理の魅力に溢れていながら、強すぎるコクや油を避けて気持ちよく食べられる絶妙な技が施され、あくまで本格フランス料理店でありつつ日本人の身体にも優しい味に仕立てられています。まさしくフランス食堂といった感じです。

ランチのコースは1,800円、2,300円、3,400円の3種類。夜はアラカルトで気軽に一杯やるもよし、コース(4,000円~)をしっかり食べるのもよしです。アラカルトは500円からあり、S/M/Lと量を選べるのが嬉しいところ。本日のおすすめでは旬のものが味わえます。

そして美味しい料理にはやはりお酒。ワインはフランス産のみとなっていて手頃なものが良く品揃えされつつ、高価なものまで幅広く飲めます。ハウスワインは常時10~15種、グラスは500円~750円程度、ボトルは3,000円~。

テーブル席が3つ、カウンターが8席の計16席。友達や家族と行くのもよし、一人でふらっと入るのもよしです。

円覚寺でのワイン&アートの会やお店でのライブなどイベントも積極的に企画されていますので、ラパッションのHPやフェイスブックでチェックしましょう。

オーナーシェフの金谷央士さんや奥様始めお店の皆さんはとても気さくで明るい方ばかりです。フランス料理の敷居が高さはまったくありませんから気軽にいってみてください。

最後にこの日のランチメニューを紹介します。写真とあわせてご覧ください。

前菜の盛り合わせ

〈トロガツオ炙りサラダ〉酸味が効いたソースとトロガツオの相性が抜群。

〈フラン(洋風茶碗蒸し)〉大根とワカメの入った洋風茶碗蒸し。フォン(出汁)の香りが気持ちいい一品です。

〈トリップアラニソワーズニース風〉 よくトリッパと呼ばれるもの。通常はトマトソースを作って煮込みますが、こちらではフレッシュトマトと水、レモンのコンフィで4~5時間煮込むのでとても爽やかな味。

〈人参のクリユリテ〉人参をオレンジジュース、クミン、オリーブオイルで漬けたもの。少し温められていて上に乗るスパイスとてもよくあいました。

〈スパイス〉スパイス入りメンチカツ。自家製のひき肉を使っているためか、とてもふっくらしてキレイな肉の味がします。

本日のスープ

〈グリーンピースのスープ〉朝穫れのグリーンピースを、水と塩だけを使って作ったスープ。ほどよい甘みと気持ちよい喉ごし、何より香りが豊かです。

〈ズワイガニのカナッペ〉瑞々しいズワイガニのカナッペ。

肉料理(魚と肉が選べます)

〈牛頬肉の赤ワイン煮と鎌倉野菜のオーブン焼〉柔らかい牛頬肉もさることながら、一度マリネしてからオーブンで蒸し焼きした鎌倉野菜は絶品。

※これに、自家製パン、コーヒーかハーブティーがつきます。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です