源義経

(みなもと よしつね 1159-1189)

後世に劇化された悲劇の主人公

 源義朝の9男。頼朝の異母弟。父義朝が平治の乱に敗死し鞍馬寺に預けられ後に奥州藤原氏の庇護を受ける。頼朝が挙兵すると馳せ参じ、義仲、平氏追討に活躍する。京都の守護を任され行政的にも手腕を発揮するが独断専行の戦いぶりや、後白河法皇と近臣らに取り込まれたことから頼朝の信を失う。法皇から頼朝追討の院宣を得て挙兵するも従うものはほとんどおらず、頼朝が鎌倉を出陣したと聞くと都を逃れ平泉へと逃亡。奥州藤原氏に匿われる。当主藤原秀衝が死去し子の泰衝の代となると義経追討の院宣や頼朝の圧力に抗しきれず、泰衝によって衣川館においれ襲撃され妻子を手にかけた後、自害した。

中尊寺所蔵の源義経像。

中尊寺所蔵の源義経像。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です