中原親能

(なかはら ちかよし 1143-1209)

大江広元の兄、明法博士

 明法博士、中原広季の子で大江広元の兄。鎌倉幕府政所公事奉行。頼朝を助けた文官御家人。関東に育ち後白河法皇に院仕として仕えた後、頼朝に仕えた。源義経の軍勢とともに1184年(元暦元年)正月に入京し公家らとの交渉にあたり、梶原景時らとともに平家追討軍奉行として再度上洛した。その後京都守護となり1191年(建久2年)には政所公事奉行。頼家の代となり十三人合議制のひとりとなった。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です