凌霄花

(ノウゼンカズラ)

鎌倉の夏を最も鮮やかに彩る花のひとつ

鎌倉の夏を最も鮮やかに彩る花のひとつ。蔓性の落葉樹です。桔梗(キキョウ)の青紫とともに見る海蔵寺、二天門の朱とともに見る妙本寺。どちらもいかずにいられません。

開花時期7月~8月中旬
主な見所妙本寺来迎寺(材木座)本覚寺光触寺光則寺海蔵寺

海蔵寺の凌霄花(ノウゼンカズラ)。どことなく舶来(中国原産)というのも頷けます。

海蔵寺の凌霄花(ノウゼンカズラ)。どことなく舶来(中国原産)というのも頷けます。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です