諸葛菜(ショカッサイ)

(しょかっさい)

寺社やハイキングコースに多くみられる諸葛菜。梅が終わった春の季節に薄紫の花を咲かせます。

開花時期3月下旬〜4月中旬
主な見所瑞泉寺十二所果樹園英勝寺光触寺

瑞泉寺の諸葛菜(ショカッサイ)。梅林を覆うように咲いています。

瑞泉寺の諸葛菜(ショカッサイ)。梅林を覆うように咲いています。

アブラナ科の植物。寺社の境内やハイキングコースなどにも群生しています。高さは20〜50cm程になり、3月下旬〜4月中旬に薄紫色の花を咲かせます。ショカッサイ、ハナダイコン、オオアラセイトウなどといわれます。鎌倉では諸葛菜(ショカッサイ)と呼ばれることが多いようです。

中国から輸入された園芸種が半ば野生化しました。1894年に初めて記録があり1939年から各地に広がり、現在ではほぼ日本全土にみられます。すっかり日本の寺社などに根付いていますが、意外に最近入ってきた花なのです。

観賞用の他に油の採取にも利用され、絶滅寸前だったスジグロシロチョウが好んだため、その生息域拡大に貢献したそうです。

諸葛菜フォトギャラリー

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です