称名寺(今泉不動)のあじさい

(しょうみょうじ(いまいずみふどう)のあじさい)

山深い霊場、瀧、あじさい、1,200年の古刹

エリア大船
住 所鎌倉市今泉4-5-1
TEL0467-45-1774
拝 観9:00〜17:00
アクセス「大船駅」よりパス「今泉不動」下車、徒歩4分

称名寺(今泉不動)陰陽瀧のあじさい。背景に瀧がみえています。

称名寺(今泉不動)陰陽瀧のあじさい。背景に瀧がみえています。

称名寺(今泉不動)は鎌倉山脈の中にあり、豊かな山に囲まれた風情は素晴らしいものがあります。そして何より1,200年前、弘法大師が開いたという永い歴史を持っています。

こんな素晴らしい霊場の向かいの山に鎌倉カントリーというゴルフ場があります。一刻も早く撤去してもらいたいものです。

称名寺(今泉不動)のあじさいは、境内を覆い尽くすように、というわけではなく、随所に咲いています。この控え目な感じがよりあじさいの美しさを引き立てています。

特に、陰陽瀧近くにあるあじさいは、初夏、鎌倉、古刹、瀧、山、あじさいと申し分なく揃っており、みとれてしまいます。筆者はいつもあじさいをみて、瀧の水で顔と足を洗い、清々しい気分になります。

初夏に咲く、三浦半島が原産地のひとつであるあじさいを堪能できる場所です。

関連記事

称名寺(今泉不動)について

鎌倉 あじさいの名所&見頃特集はこちら

称名寺(今泉不動)のあじさいフォトギャラリー

スポンサー広告