スポンサー広告

鶴岡八幡宮

どの角度からでもきれいにうつります。

〈紅葉〉二階堂〜鎌倉の奥へ

〈紅葉〉鎌倉 紅葉見物 2014 二階堂 鎌倉の奥へ 森々と深く 小町通り、鶴岡八幡宮といった喧騒を離れ、静かな二階堂の奥に紅葉の名所を訪ねます。瑞泉寺、獅子舞をメインに周辺の史跡も見逃さないようにご案内します。山と森と …

段葛の桜。写真は改修前のものです。植え替えられた桜が育つまで、この景色はしばらくおあずけです。

〈桜〉北鎌倉、鶴岡八幡宮

〈桜〉鎌倉 桜見物 北鎌倉、鶴岡八幡宮 建長寺、鶴岡八幡宮、段葛、鎌倉見物の定番ルート 北鎌倉から巨福呂坂を越えて鶴岡八幡宮を参拝、小町通りをぶらぶらして鎌倉駅へというのはよく登場す王道ルートですが、ここでは桜見物のため …

大銀杏が倒れ、この角度から本殿が写るようになりました。

〈王道〉北鎌倉、八幡宮、小町通り

〈王道〉北鎌倉、鶴岡八幡宮、小町通り ハイキングコースを使って北鎌倉、扇ガ谷の名所を巡り、小町通りも楽しむ 円覚寺、建長寺、鶴岡八幡宮、小町通りと大物を巡るルート。円覚寺と建長寺の間にある東慶寺は明月院もしくは浄智寺に変 …

鎌倉の七福神めぐり。浄智寺の布袋尊は独特の御姿をしています。

〈巡礼〉鎌倉七福神めぐり

〈巡礼〉鎌倉七福神めぐり 中世都市鎌倉の古刹に巡る七福神 七福神の御利益をテーマに鎌倉の古刹をめぐるのも楽し気でよいものです。三十三観音霊場と違って7つというのも一日でまわることができて便利。 見所※各寺社の詳しい情報は …

一ノ鳥居。鶴岡八幡宮方向からみます。

一ノ鳥居

江戸幕府第4代将軍、徳川家綱は1668年(寛文8年)に鶴岡八幡宮の3つの大鳥居を寄進しました。関東大震災により3つの鳥居は倒壊しましたが一ノ鳥居は江戸時代の材料を大切に利用し再興されました。

源氏ゆかりの地。源頼朝から遡ること4代、平安時代の棟梁、源頼義によって河内源氏の氏神である京都の岩清水八幡宮が勧請されました。源氏と鎌倉の始まりを象徴しています。

源氏ゆかりの地

源頼朝を生んだ清和源氏のメジャー、河内源氏。一般的に源氏といえば河内源氏を指すほど日本の歴史において大きな役割を果たしています。源頼朝、頼家、実朝という3代は別に記事をつくるため、主にそれ以外の源氏ゆかりの地を掲載します。

浄妙寺、喜泉庵の牡丹。

牡丹(ボタン)

牡丹(ボタン) (ぼたん) 古くから愛された花の王 ボタン科の落葉小低木。大昔、中国から入ってきた牡丹は日本でも古くから観賞用として栽培されました。高さは約1メートル程。初夏、枝先に10〜20cmの花をつけます。牡丹雪、 …

スポンサー広告
  • facebook
  • twitter

カテゴリー

鎌倉タイムをメールで購読!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

PR





本サイトに掲載されている原稿・写真・独自情報に類するもの等すべてのコンテンツの無断掲載を禁じます。取材・原稿執筆・写真撮影/貸出など承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。