スポンサー広告

浄明寺・十二所

かつて鎌倉のメインストリートであった六浦道(現・金沢街道)の周辺に広がるエリアです。鎌倉の最古仏、杉本寺はどうしてもみておきたい迫力の名刹です。竹寺として有名な報国寺、地名ともなった浄妙寺なども見所です。六浦道は鎌倉の東端、朝比奈切通しへと至ります。鎌倉七口の中でももっとも山深く、当時の姿をとどめる朝比奈切通しは、湧き水が流れ、初夏の沢遊びも格別です。

浄明寺・十二所地図
浄明寺の熊野神社。山を背景にした美しい景色です。現代の建築物がちょっと入ってそこだけ無粋。

熊野神社(浄明寺)

熊野神社は鎌倉にもいくつかありますが、ここ浄明寺にも地域の鎮守としてあります。浄明寺は鎌倉における足利氏の本拠地です。足利氏の菩提寺である鎌倉五山第5位の禅寺を指す場合は「浄妙寺」と書き、浄妙寺のある一帯を指す住所の場合は「浄明寺」と書きます。

大江稲荷

鎌倉の東端、十二所の地にある小さな社、大江稲荷。政治行政の面から源頼朝を支えた右腕、大江広元を祀っています。鎌倉の最も東、現在の横浜市と境を接する十二所は不思議な魅力のある場所です。最近たまに「鎌倉の奥座敷」などという言葉を耳にしますが、そんなちゃらちゃらと浮ついた言葉では言い表せない魅力のある場所です。

報国寺のあじさい

報国寺のあじさい (ほうこくじのあじさい) 控え目なあじさいのよさ。 足利尊氏の祖父家時によって開かれた古刹、報国寺。数は少ないものの、鎌倉らしさを感じるあじさいです。 エリア浄妙寺・十二所 住 所鎌倉市浄明寺2-7-4 …

青砥藤綱邸跡。住宅の間に佇んでいます。

青砥藤綱邸跡

鎌倉には青砥藤綱関連の史跡が2か所あります。1つは東勝寺橋、もう1つがこの青砥藤綱邸跡です。

浄妙寺の本堂と紅葉、銀杏。

浄妙寺の紅葉

鎌倉浄妙寺の紅葉。浄妙寺本堂の美しい線と紅葉がよくあい、大きな紅葉が多いのも嬉しいです。源頼朝と同時代に活躍した足利義兼が創建し、あの足利尊氏もこのあたりにあった足利屋敷に住しました。尊氏や直義など名門足利の武将たちが浄妙寺の紅葉を眺めたことでしょう。

朝比奈切通しの紅葉。紅葉と竹林、秋空がとても爽やか。

朝比奈切通しの紅葉

鎌倉朝比奈切通しの紅葉の紹介ページです。朝比奈切通しは鎌倉の中心地からバスで15分ほどのとても静かな場所で、梶原太刀洗の水や熊野神社などの史跡もあり、滑川の源流でもある朝比奈峠に入っていきますから森々とした空気とともに紅葉がみられます。近くには明王院や報国寺などの紅葉の名所もあります。

紅葉、竹林、五輪塔、山茶花と贅沢な組み合わせ。

報国寺の紅葉

竹寺として有名な報国寺もまた、見事な紅葉スポットです。竹は一年中楽しめますから、紅葉の季節に訪れればより贅沢な散策となります。

住宅地に寂しくたつ、足利公方邸跡の石碑。

足利公方邸跡

その昔、六浦道と呼ばれ鎌倉を支えた要港・六浦港と鎌倉中心部を結んだ、現在の金沢街道沿いに石碑のみがのこる、足利公方邸跡。たった一つの石碑から壮大な歴史をひもとくことができます。

五大堂明王院の参道。桜が飾ります。

明王院

鎌倉幕府将軍によって建立された鎌倉に唯一現存する寺院が明王院です。源氏将軍体制から北条執権政治へと時代が移り変わっていった時代、第4代将軍藤原頼経によって建立されました。

大江広元屋敷跡。頼朝の片腕として時代を切り開いた政治家です。

大江広元屋敷跡

文官御家人/政治家として伝説的な活躍をなした大江広元の屋敷跡です。いまでもとても静かな十二所の地にあります。

Page 1 / 3123
スポンサー広告
  • facebook
  • twitter

カテゴリー

鎌倉タイムをメールで購読!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

PR





本サイトに掲載されている原稿・写真・独自情報に類するもの等すべてのコンテンツの無断掲載を禁じます。取材・原稿執筆・写真撮影/貸出など承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。