石蕗

(ツワブキ)

キク科の多年草で海岸近くや海辺の山などに自生

鎌倉にも花が少なくなる10月下旬、鮮やかな黄色の花を咲かせる石蕗(ツワブキ)。キク科の多年草で海岸近くや海辺の山などに自生します。性質が鎌倉にあっているといえるでしょう。葉柄を食用にし、葉・葉柄は打撲・やけどなどに用います。

開花時期10月下旬~11月下旬
主な見所安養院宝戒寺妙本寺安国論寺海蔵寺

宝戒寺の石蕗(ツワブキ)。花の多い宝戒寺でもこの時期は花が少なく、一層目立ちます。

宝戒寺の石蕗(ツワブキ)。花の多い宝戒寺でもこの時期は花が少なく、一層目立ちます。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です