宇都宮辻子幕府跡

(うつのみやずしばくふあと)

大倉に続く2番目の幕府跡

1180年、鎌倉へと入った源頼朝が大倉に幕府を開いてより45年後の1225年、宇都宮辻子のこの地に幕府が遷されました。

エリア駅周辺・八幡宮
住 所鎌倉市小町2-15

頼朝の後を次いだ頼家、実朝ともに非業の最後を遂げたためそれを忌避し、この地に幕府が遷されたものの、ここで政務をとった4代将軍頼経の子も死産であったため1236年、わずか11年で若宮大路幕府へとさらに遷されることとなりました。

若宮大路の八幡宮に向かって右側、鎌倉彫会館の脇の道を入ると宇都宮稲荷の赤い旗が見えてきます。そこに宇都宮辻子幕府跡の石碑があります。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です