横浜国大附属前の桜

桜の季節には通りたい道

桜の季節、鶴岡八幡宮から頼朝の墓に向かうならぜひ通ってもらいたい道です。大きな桜が何本も頭上に張り出しています。

エリア北東
住 所鎌倉市雪ノ下3丁目付近
アクセス「鎌倉駅」下車、徒歩15分

横浜国大附属前の桜。桜の季節、鶴岡八幡宮から頼朝の墓など北東方面に足をのばすならぜひ通っていただきたい道です。

横浜国大附属前の桜。桜の季節、鶴岡八幡宮から頼朝の墓など北東方面に足をのばすならぜひ通っていただきたい道です。

鶴岡八幡宮の北東にある鳥居を抜けると左手に立派な桜があります。横浜国立大学附属鎌倉小・中学校の敷地に植えられた桜が張り出したものです。筆者がこの学校に通っていた頃から大きな桜だったように記憶していますから、かなり古くからあるのだと思います。

学校ですから中に入ることはできませんが、鎌倉駅から段葛を通り鶴岡八幡宮を参拝した後、この鳥居から出て横浜国大附属小・中の桜をみながら歩き、大蔵幕府跡頼朝の墓に向かえば桜を満喫する散策ができます。

関連記事

このルートの詳しいガイドはこちら

横浜国大附属前の桜フォトギャラリー

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です