土肥実平

(どい さねひら 生没年不詳)

頼朝の苦境を支えた相模国の有力豪族

 中村宗平の子。相模国の有力豪族。足下郡土肥郷(現 神奈川県足柄下郡)を本拠とし、中村党といわれる武士団を率いた。頼朝が挙兵すると中村党は一糸乱れず参じた。『吾妻鏡』でも挙兵最初の戦い、山木兼隆襲撃からすでにその名が登場する。石橋山の合戦に備え三浦一族などとの合流のため頼朝は相模国土肥郷に向かっていることから、挙兵初期において中村党が大きな役割を果たしていたことが伺える。石橋山の戦いに敗れわずかな手勢とともに窮地に追い込まれた頼朝を補佐し真鶴から海路安房へとともに逃亡した。その後も数々の戦に功を挙げ、備前、備中、備後3か国の守護となった。戦国武将小早川隆景は子孫にあたる。

『前賢故実』の土肥実平。

『前賢故実』の土肥実平。

関連記事

  • 安達盛長安達盛長 安達盛長。頼朝流人時代から仕えた側近。頼朝の乳母比企尼の娘である丹後内侍を妻としたことから、頼朝が伊豆蛭ヶ小島に入るとなると側に仕え、京都の情報を頼朝に伝える役目も果たした。 […]
  • 小山朝政小山朝政 小山朝政。小山政光の子。藤原秀郷を祖とする小山氏当主。下野国小山を本拠とした。父の政光が頼朝の乳母であり頼朝配流中も援助を惜しまなかった寒川尼を後妻に迎えた縁から、頼朝の挙兵に早 […]
  • 結城朝光結城朝光 結城朝光。小山政光の子。小山朝政の弟であり結城氏の祖。頼朝の側近。弓の達人であり和歌にも通じた文武両道の武将。 […]
  • 下河辺行平下河辺行平 下河辺行平。下河辺行義の子。下野小山氏の一門。父行義とともに以仁王と源頼政の挙兵に従い戦う。 […]
  • 梶原景時梶原景時 梶原景時。梶原景清の子。現在も残る御霊神社の祭神である鎌倉景政と同じ鎌倉氏の一族。頼朝挙兵当初同族の大庭景親に従い石橋山の戦いに参戦。 […]
  • 畠山重忠畠山重忠 畠山重忠。畠山重能の子。母は三浦義明の娘。三浦、上総、千葉の各氏と同様、源頼信に始まる源氏の家人となった坂東平氏のひとつ。武蔵武士団の首領。 […]
スポンサー広告