円覚寺 洪鐘

国宝の洪鐘は1301年、時宗の子である北条貞時によって鋳造・寄進された鎌倉随一の大鐘です。物部国光による作であり、雄大でありながら細部まで緻密なつくりが施されたものとして、鎌倉時代後期を代表する梵鐘です。

国宝の洪鐘は1301年、時宗の子である北条貞時によって鋳造・寄進された鎌倉随一の大鐘です。物部国光による作であり、雄大でありながら細部まで緻密なつくりが施されたものとして、鎌倉時代後期を代表する梵鐘です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です