スポンサー広告

由比ガ浜・材木座

鎌倉の由比ガ浜・材木座エリアにある寺と神社を紹介します。
浄土宗、延命寺。

延命寺

浄土宗の延命寺は下馬四ツ角を大町方面にゆき、横須賀線踏切の手前にあります。川と若宮大路に挟まれ、コンクリートの地面に本堂と墓、社務所があり、有り体にいえば一見あまり観光らしさはないお寺です。

源氏と鎌倉の記念碑的史跡は、住宅街にぼんと佇んでいます。

由比若宮(元八幡)

由比若宮(元八幡)。平安時代に河内源氏、源頼義が前九年の役で東北に赴く際、この地に石清水八幡宮をお祀りしました。これを移して大きくしたのが鶴岡八幡宮、そのため元八幡といわれます。

九品寺境内。

九品寺

鎌倉には珍しい新田義貞建立のお寺さんです。挙兵からわずか2週間で鎌倉を攻め落とした伝説的な名将の足跡に想いを馳せます。

来迎寺。材木座海岸に近く、麗らかな海風が届く来迎寺。

来迎寺(材木座)

源義朝、頼朝親子を支えた三浦の名将三浦義明ゆかりのお寺さんです。義明は三浦荘の在庁官人として現在の三浦地域に勢力を持ち、頼朝挙兵時にはいち早く一族を挙げて支援しました。

静かな住宅街にあります。門前には『源頼朝公御祈願所』の石碑。

補陀洛寺

豪快な行動力で『平家物語』や『源平盛衰記』に度々登場する文覚(もんがく)上人。関係の深かった源頼朝が文覚のために建てたといわれているお寺さんです。

妙長寺本堂。

妙長寺

泉鏡花が数か月滞在した材木座にある日蓮宗のお寺さん妙長寺。泉鏡花の作品にも登場します。日蓮の法難を助けた漁師の子が僧侶となり開山したと言われています。

長勝寺山門。

長勝寺

小坪トンネルの前の坂が上り始めたあたりにある、日蓮宗のお寺さん長勝寺。鎌倉時代の建築様式で建てられた五間堂や高村光雲作の日蓮像など見所が多くあります。幾度の震災で鎌倉時代の建物はあまり残っていませんから、五間堂はなかなか貴重です。

実相寺本堂と境内

実相寺

海に近い材木座に佇む実相寺。写真ではまったく伝わりませんが、歴史のドラマに満ちたお寺さんです。日蓮六老僧の筆頭・日昭は、ここを拠点に日蓮流罪という日蓮宗の危機を乗り越えました。

海に近い静かな一角、潮風香る場所にある向福寺。季節にはカイドウが迎えてくれます。桜が散って街が落ち着いた頃、訪れてみてください。

向福寺

踊り念仏の一派、一向宗(現・時宗)のお寺さん向福寺。海岸に近いカラッとした空気とほのぼのとした雰囲気が参拝者を心地よい気持ちにさせてくれます。可愛らしいお守りや一刀彫の手のひらに入る御地蔵様なんかもあります。

鎌倉最大の山門。江戸末期の1847年に建てられたもので、高さ20m、間口16m、奥行7mという大きさ。2階には釈迦三尊、四天王、十六羅漢が祀られています。申請すれば内容次第で拝観可能です(20名以上)。

光明寺

材木座、和賀江嶋に近い光明寺は、湘南地域を代表する大寺院であり、浄土宗筆頭の養成所/学問所としていきいきと活動する専修念仏の根本道場です。民衆を救ってきた浄土宗らしい開放的な雰囲気と伝統格式を併せ持った貴重なお寺さんといえます。

Page 1 / 212
スポンサー広告
スポンサー広告
  • facebook
  • twitter

カテゴリー

鎌倉タイムをメールで購読!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

965人の購読者に加わりましょう

PR

本サイトに掲載されている原稿・写真・独自情報に類するもの等すべてのコンテンツの無断掲載を禁じます。取材・原稿執筆・写真撮影/貸出など承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。