伊吹(柏槇)-

イブキ(ビャクシン)

鎌倉では別名の柏槇(ビャクシン)で呼ばれることが多い

ヒノキ科の常緑高木。暖かいところを好みます。大きくなると幹がねじれたようになり独特の趣があります。鎌倉では別名の柏槇(ビャクシン)で呼ばれることが多く、開山の蘭渓道隆手植えと伝わり樹齢750年にもなる建長寺の柏槇は特に立派。

主な見所建長寺円覚寺

円覚寺の伊吹(柏槇)。方丈にあります。

円覚寺の伊吹(柏槇)。方丈にあります。

関連記事

  • 萩(ハギ)萩(ハギ) 紅紫や白の小さな小さな花を咲かせる萩(ハギ)。秋の七草の一つで、古から日本人に親しまれてきました。鹿鳴草、鹿の花妻、風聞草、月見草などの別称があります。鎌倉では萩寺といわれる宝戒 […]
  • 光則寺の紅葉光則寺の紅葉 鎌倉光則寺の紅葉の紹介ページです。花の寺として知られる光則寺の紅葉は里山の紅葉という雰囲気です。しみじみと秋を感じることができます。光則寺の紅葉最大の見どころは、本堂手前右手より […]
  • 泰山木泰山木 泰山木 (タイサンボク) 大きく美しい花 中国原産の雰囲気がありますが、北米中南部原産のモクレン科の常緑高木。6月中旬~7月上旬、ク […]
  • 牡丹(ボタン)牡丹(ボタン) 牡丹(ボタン) (ぼたん) 古くから愛された花の王 ボタン科の落葉小低木。大昔、中国から入ってきた牡丹は日本でも古くから観賞用として […]
  • 小手毬(コデマリ)小手毬(コデマリ) 小手毬(コデマリ) (こでまり) 愛らしい様が人気、別名スズカケ 開花時期4月 主な見所浄妙寺、長谷寺、海蔵寺 […]
  • 石楠花(シャクナゲ)石楠花(シャクナゲ) 石楠花(シャクナゲ) (しゃくなげ) ツツジ科の植物。ツツジより早く、桜の頃から咲き始めます。ツツジより柔らかい雰囲気が独特の魅力を感じさせます。 […]
スポンサー広告