iPhone13・・・散歩とカメラ

社寺や史跡を見物、巡礼するとき、カメラは欠かせません。記事を書かなくとももっていきたい道具の一つです。そこで、最近購入しました。iPhone13 pro max。15万くらいしますので高価ではあるものの、その価値は充分にあると思いました。なにしろ、これでカメラという複写機の重さや扱いに煩わされることが激減します。ほとんんどの場合、記事を書くにしてもiPhone13だけもっていけば良いので、本当に助かります。

見物だけにしても、記事を書くにしても大切なのは、見て、感じることなので、複写(カメラ)に煩わされていると、せっかく感じる魅力が半減です。写真をとることは少しでも簡単で時間がかからないほど、見物は良い体験になります。写真も動画もスマホでできるなんて素晴らしい時代です。あとは車も勝手に運転してくれれば最高ですね。

iPhoneの写真機的な特徴として、レンズは77mm、26mm、13mmの3つがついています。この範囲であれば、とてもキレイにとれます。マクロ撮影ができるのも、小さいものを撮るときにはとても便利です。Apple pro RAWというRAWファイルに対応しているので、加工にも強そうです。
ただ、JPGの仕上がりがとても良いので、これまで一眼レフなどでも一応ローファイル+jpgでずっと撮影してきましたし、せっかくappleさんが機能追加してくれたところではありますが、この機会に通常はローファイルをやめます。面倒なので。何か必要があれば使ってみようと思います。

唯一気になるのは長玉が弱いことです。120mmくらいまであると便利と言いたいものの、それで大きく重くなっては本末転倒です。どうしても必要なら、デジタルズームで補うことになりますが、複写画質がいまひとつなので、なるべく、光学の77mmまででとります。臨機に対応すれば問題ありません。広角側は13mmととても強いので助かります。ちなみに動画もとてもキレイに撮れます。

いままで、安いスマホばかり使っていたので、スマホとしては大きくて重い上に、高価なので気も使います。それでも、ほとんどの行動においてカメラを持たなくていい、というのは、感動ものの素晴らしさです。

すでにパソコンもモニターも、タブレットもApple社製となりました。この調子だとこれからも増えそうです。ウォークマン時代のソニーを知っている年代としては、本当はAppleの位置はソニーのはずだったのに。。と残念でなりません。いまやソニーはなんだか金融会社みたいになってしまったようで、寂しいです。身の回りにソニー製品がまったくありません。
じいちゃんが尊敬していた松下幸之助さんのパナソニックも家電の本社を、宣戦布告ともいえる日本侵略宣言をしている中国に移すとか以前にいっていたようですから、姿勢が変わらない限り買うこともないでしょう。これも寂しい限りです。

自転車散歩に行ったときの写真を何枚か、サンプルで載せます。どの写真もなんの加工もしていません。iPhoneまかせです。ラクラク。

iPhone13

iPhone13

iPhone13

iPhone13

iPhone13

iPhone13

iPhone13

iPhone13

動画のサンプルはこちらです。iPhoneのproですから、よく撮れるのは皆さんご存知だと思いますけれど、何かの参考になればと思います。

Follow me!

前の記事

関東唯一の運慶仏