和田塚駅と由比ケ浜駅のちょうど真ん中あたり、虚子庵跡(高浜虚子の住居跡)から。1両編成が2両となり車両が新しくなっても江ノ電を見ると子供の頃を思い出します。写真は新しい車両ですが、昭和30年代前半と昭和43年に旧式車両を改造してデビューした丸目2灯の300系も305+355号車1編成2両のみ残っています。

和田塚駅と由比ケ浜駅のちょうど真ん中あたり、虚子庵跡(高浜虚子の住居跡)から。1両編成が2両となり車両が新しくなっても江ノ電を見ると子供の頃を思い出します。写真は新しい車両ですが、昭和30年代前半と昭和43年に旧式車両を改造してデビューした丸目2灯の300系も305+355号車1編成2両のみ残っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。