鎌倉・映画・文学 企画展

鎌倉ゆかりの文芸映画特集

エリア駅周辺・八幡宮
日 時2015年1月4日(日)~3月29日(日)
会 場鎌倉市川喜多映画記念館
住 所鎌倉市雪ノ下2-2-12
開館時間9:00~17:00
休館日月(祝日の場合は開館)
料 金企画展観覧 一般200円(小中学生100円)、映画鑑賞料金 一般800円(小中学生400円)、トークイベント 一般1,000円(小中学生500円)
公式HPhttp://www.kamakura-kawakita.org/

2015年1月4日〜3月29日まで鎌倉市川喜多映画記念館において開催される企画展「鎌倉・映画・文学」

2015年1月4日〜3月29日まで鎌倉市川喜多映画記念館において開催される企画展「鎌倉・映画・文学」

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索

鎌倉は文学・映画関係の人々に愛された街として知られ、本企画展を開催する鎌倉市川喜多映画記念館もその一つです。

本企画展では映画化された鎌倉ゆかりの文学作品に関する資料展示と映画上映が行われてます。映画上映は、映画300人以上いるといわれる鎌倉ゆかりの文士により書かれ映画化された『山の音』(川端康成)、『丹下左膳余話 百万両の壺』(林不忘)や、鎌倉を愛した巨匠小津安二郎の『晩秋』、『晩春』など、鎌倉ゆかりの13作品が上映されます。

「鎌倉」をより楽しむためには理由や目的よりも知性と教養が大切ですから、鎌倉市川喜多映画記念館にはいつも注目しています。今回、企画展示はもちろんのこと、上映作品のなかで特に見逃せないのは成瀬巳喜男監督、原節子出演の『山の音』(川端康成)、増村保造監督、京マチ子出演の『千羽鶴』(川端康成)、山中貞雄監督、大河内傳次郎出演の『丹下左膳余話 百万両の壺』(林不忘)などと思いつつ、他の作品も名作揃いのため迷ってしまいます。

映画は3回ずつ上映されますからチェックしておきましょう。詳しい上映スケジュールは鎌倉市川喜多映画記念館のカレンダーをご覧ください。

関連記事

鎌倉市川喜多映画記念館

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です