兜岩

かぶといわ

源頼朝が兜を乗せたと伝わる岩

道志村にある「兜岩」。源頼朝がこの岩に兜を置いて休んだと伝わります。

道志村にある「兜岩」。源頼朝がこの岩に兜を置いて休んだと伝わります。

道志村にある「兜岩」。源頼朝がこの岩に兜を置いて休んだと伝わります。

エリアその他
住 所山梨県南都留郡道志村長又
道志村にある源頼朝関連史跡。

道志村にある源頼朝関連史跡。

道志村、頼朝伝説の一つ

山梨県最東端の道志村には源頼朝の史跡が多く残されています。源頼朝は建久4年(1193年)5月8日〜6月7日、富士野で大規模な巻狩りを行いました。巻狩のさなかに起こった「曽我兄弟の仇討ち」は日本三大仇討ちの一つとして有名です。道志村では、源頼朝が富士の巻狩りの際、道志村に立ち寄ったと伝わっており、いくつかの史跡が点在しています。

「兜岩」もその一つで、源頼朝がこの岩に兜を乗せて休んだと伝わります。三角形をしたかなり大きな岩で道志村のかなり山中湖寄り、長又の山中にあります。とやの沢キャンプ場のさらに奥、林業の方々が育てた見事な杉林の中にあります。近くには道志川の支流が流れ、とても気持ちの良い場所です。

とやの沢林道。このあたりは舗装されています。もう少し奥へ入ると未舗装になります。

とやの沢林道。このあたりは舗装されています。もう少し奥へ入ると未舗装になります。

道志村にある「兜岩」。源頼朝がこの岩に兜を置いて休んだと伝わります。

道志村にある「兜岩」。源頼朝がこの岩に兜を置いて休んだと伝わります。

富士の巻狩りの帰路は暑い季節ですから、頼朝公は馬をつないで兜を岩に置き、一服したのでしょうか? 近くの川で顔を洗われたかもしれません。もう少し奥に進むと頼朝伝説「試し切り石」もあります。

「兜岩」、「試し切り石」にいくには「とやの沢林道」を使うか、「頼朝の剛弓」史跡のある矢野山(やのうさん)の登山道を歩き、矢頭山遊歩道からとやの沢林道に戻る道があります。詳しくは地図をご覧ください。

道志村は神奈川県相模原市や山北町と隣接し、広義には丹沢山地に含まれる道志山塊といわれる標高1,000m前後の山々に囲まれており、最高峰は御正体山(1,682m)。豊富な水量から道志川、相模川の水源を担う重要な場所です。行ってみれば村のキャッチコピー通り「水の郷」。豊かな山と川が癒してくれます。

幼名「鬼武者」、源頼朝らしい伝説

櫓沢、櫓沢川、櫓が組まれた部落・櫓開戸、宿、兜岩、試し切り石など、この土地には源頼朝の記憶がしっかりと刻まれています。櫓沢の近くに源頼朝が宿泊した「宿」という場所があり、今でも子孫の方が住んでいます。「宿」の近く、道志みち沿いに「ドライブイン宿」があり、なんとその子孫の方が運営されていました。たまたま食事に立ち寄り、運良く様々なお話を伺うことができました。800年以上前の「歴史」が今に繋がったようでした。

「ドライブイン 宿」。源頼朝が道志村を訪れた際に泊まった家の子孫の方が運営されています。とても美味しかったです。値段も良心的でした。

「ドライブイン 宿」。源頼朝が道志村を訪れた際に泊まった家の子孫の方が運営されています。とても美味しかったです。値段も良心的でした。

この兜岩を始め、頼朝が名刀の試し切りで真っ二つにしたという「試し切りの石」、突然駆け出そうとする馬を止めようと刀を突き立てた「試し岩」など、道志村に伝わっている頼朝の鬼武者ぶりは、源頼朝について調べ、考えてきた頼朝の姿、猛る鹿の角を持って押さえつけた猛者、幼名「鬼武者」そのものの道志村の頼朝伝説には共感を持ちます。よくある「貴族的で冷淡」などと源義経と対比させた安易なイメージ作りにはとても違和感を感じます。

楽しい取材

道志村は、日本有数のキャンプ場地帯として有名です。野営をしながら道志村にある源頼朝公の史跡を訪ねるのは、とても充実した時間です。また、道志村には景観を乱さない雰囲気の旅館や民宿がいくつかあり、キャンプと並んで良く利用します。施設は決して華美にならず、外人が少ないこともあって、昔ながらの雰囲気が保たれていて最高です。

主流の道志川はもちろん、少し道をはいって支流を訪ねるのも楽しみ。名物の酒まんじゅうも好物なので、直売所にも立ち寄ります。それから、この村で汲ませてもらう水の美味しさは格別です。

道志村の景観。一番高い山が富士山です。

道志村の景観。一番高い山が富士山です。

道志村取材では、川遊びも楽しみの一つ。8月の猛暑日でもここは涼しい風が。清流に身を浸すと最高に気持ちが良いです。

道志村取材では、川遊びも楽しみの一つ。8月の猛暑日でもここは涼しい風が。清流に身を浸すと最高に気持ちが良いです。

朝一の清流でお茶。道志村で汲んだ美味しい水を使いました。

朝一の清流でお茶。道志村で汲んだ美味しい水を使いました。

早朝の丹沢山塊。

早朝の丹沢山塊。

兜岩フォトギャラリー