旧華頂宮邸の紅葉

立派な邸園と紅葉

華頂博信侯爵邸として建てられた洋館。ほぼ建築当時のまま残る、国の登録有形文化財です。

エリア浄明寺・十二所
住 所鎌倉市浄明寺2丁目6−37
アクセスJR・江ノ電「鎌倉駅」よりバス、「浄明寺」下車、徒歩4分

旧華頂宮邸の紅葉。

旧華頂宮邸の紅葉。

現在地
ルートを検索

旧華頂宮邸は報国寺の少し奥、宅間ヶ谷にある邸園。昭和4年(1929年)、華頂博信侯爵邸として建てられたものです。平成8年(1996年)鎌倉市が取得し、平成18年(2006年)には国の登録有形文化財(建造物)、市の景観重要建築物に指定されました。

旧華頂宮邸の紅葉。

旧華頂宮邸の紅葉。

特別公開以外は建物の中に入ることはできませが、美しい庭園は開放されています。時間は10時〜16時まで(10月〜3月は15時まで)となっています。建物内の様子をご覧になりたい方は下記関連記事より「旧華頂宮邸」基本記事をご覧ください。

旧華頂宮邸の紅葉。

旧華頂宮邸の紅葉。

関連記事

旧華頂宮邸

旧華頂宮邸 紅葉フォトギャラリー

スポンサー広告