満昌寺_10

満昌寺、三浦義明廟所。中央には義明の供養塔といわれる宝篋印塔、右に義明の妻の五輪塔、左に板碑。宝篋印塔は鎌倉末期から室町の形式、五輪塔と板碑は鎌倉末期の形式です。

満昌寺、三浦義明廟所。中央には義明の供養塔といわれる宝篋印塔、右に義明の妻の五輪塔、左に板碑。宝篋印塔は鎌倉末期から室町の形式、五輪塔と板碑は鎌倉末期の形式です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です