スポンサー広告

満昌寺、三浦義明廟所。中央には義明の供養塔といわれる宝篋印塔、右に義明の妻の五輪塔、左に板碑。宝篋印塔は鎌倉末期から室町の形式、五輪塔と板碑は鎌倉末期の形式です。

満昌寺、三浦義明廟所。中央には義明の供養塔といわれる宝篋印塔、右に義明の妻の五輪塔、左に板碑。宝篋印塔は鎌倉末期から室町の形式、五輪塔と板碑は鎌倉末期の形式です。
スポンサー広告
  • facebook
  • twitter

カテゴリー

鎌倉タイムをメールで購読!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

967人の購読者に加わりましょう

PR

本サイトに掲載されている原稿・写真・独自情報に類するもの等すべてのコンテンツの無断掲載を禁じます。取材・原稿執筆・写真撮影/貸出など承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。