妙法寺

妙法寺、薩摩屋敷事件戦没者の墓。幕末の1867年(慶応3年)12月15日、江戸の薩摩屋敷焼討事件において戦死した薩摩、幕府双方の遺骨を収めてあります。明治維新へと突き進む時代の貴重な遺跡です。もともとは江戸芝三田の薩摩藩島津家屋敷跡にあった妙法寺の支院、清正公堂にありましたが、1995年にここに移されました。

妙法寺、薩摩屋敷事件戦没者の墓。幕末の1867年(慶応3年)12月15日、江戸の薩摩屋敷焼討事件において戦死した薩摩、幕府双方の遺骨を収めてあります。明治維新へと突き進む時代の貴重な遺跡です。もともとは江戸芝三田の薩摩藩島津家屋敷跡にあった妙法寺の支院、清正公堂にありましたが、1995年にここに移されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です