葉蘇

(アカンサス)

西洋古典主義において装飾模様として好まれた

葉蘇(アカンサス)の葉は西洋古典主義において装飾模様として好まれました。日本には明治末期に入って来たといわれています。150cm程の高さになり150cm程の高さになります。鎌倉では長谷寺に咲いています。

開花時期5月下旬~6月中旬
主な見所長谷寺

長谷寺の葉蘇(アカンサス)。舶来の雰囲気があります。

長谷寺の葉蘇(アカンサス)。舶来の雰囲気があります。

関連記事

  • 光則寺の紅葉光則寺の紅葉 鎌倉光則寺の紅葉の紹介ページです。花の寺として知られる光則寺の紅葉は里山の紅葉という雰囲気です。しみじみと秋を感じることができます。光則寺の紅葉最大の見どころは、本堂手前右手より […]
  • 浄妙寺の紅葉浄妙寺の紅葉 鎌倉浄妙寺の紅葉。浄妙寺本堂の美しい線と紅葉がよくあい、大きな紅葉が多いのも嬉しいです。源頼朝と同時代に活躍した足利義兼が創建し、あの足利尊氏もこのあたりにあった足利屋敷に住しま […]
  • 鶴岡八幡宮の紅葉鶴岡八幡宮の紅葉 鎌倉を象徴する名所、鶴岡八幡宮の紅葉。源平池の桜が有名ながら、紅葉もなかなか綺麗です。本宮に向かって右手にある柳原神池とさらに少し右手の鎌倉国宝館前が紅葉の見所です。池や橋との組 […]
  • 建長寺の紅葉建長寺の紅葉 紅葉の名所が密集する北鎌倉の中でも、建長寺には野趣を感じ、無骨を残す鎌倉らしさが魅力。建長寺の紅葉は、最奥の半僧坊がメインです。受付を済ませ三門をぬけたら左側をゆくと、仏殿の左側 […]
  • 高徳院(大仏)の紅葉高徳院(大仏)の紅葉 高徳院(大仏)の紅葉。高徳院(大仏)の紅葉は、源氏山のように真っ赤な紅葉に覆われるようなものではなく、大仏様を囲むように点在しています。受付を入って左手の小川が流れているあたりに […]
  • 朝比奈切通しの紅葉朝比奈切通しの紅葉 鎌倉朝比奈切通しの紅葉の紹介ページです。朝比奈切通しは鎌倉の中心地からバスで15分ほどのとても静かな場所で、梶原太刀洗の水や熊野神社などの史跡もあり、滑川の源流でもある朝比奈峠に […]
スポンサー広告