躑蠋(ツツジ)

(つつじ)

鎌倉でも町中いたるところにあり

古くから園芸品種として親しまれてきたツツジ。散歩に最適な4月下旬から5月上旬に咲き、美しさに加えて育てやすく長寿なことから鎌倉でも街中にみられます。ウィキペディアを見ると「最も樹齢の古いものでは800年を超え1,000年に及ぶと推定されている」古木があるとのこと。鎌倉でも町中いたるところにあり、有名なのは安養院、段葛を含めた鶴岡八幡宮、仏行寺、それに鎌倉文学館です。安養院は大町に、仏行寺は笛田公園の側にあります。鎌倉文学館には大紫の大木があり 、老木ながら花つきもよく見事です。桜(ソメイヨシノ)と同じ時期に咲く吉野ツツジや三葉ツツジも見逃したくない花です。

開花時期4月中旬~5月上旬
主な見所鶴岡八幡宮瑞泉寺安養院長谷寺、仏行寺、鎌倉文学館報国寺宝戒寺浄妙寺海蔵寺安国論寺高徳院 ほか多数

安養院の躑蠋(ツツジ)。鎌倉におけるツツジの代名詞ともいえる安養院門前の風景。

安養院の躑蠋(ツツジ)。鎌倉におけるツツジの代名詞ともいえる安養院門前の風景。

関連記事

  • 牡丹(ボタン)牡丹(ボタン) 牡丹(ボタン) (ぼたん) 古くから愛された花の王 ボタン科の落葉小低木。大昔、中国から入ってきた牡丹は日本でも古くから観賞用として […]
  • 石楠花(シャクナゲ)石楠花(シャクナゲ) 石楠花(シャクナゲ) (しゃくなげ) ツツジ科の植物。ツツジより早く、桜の頃から咲き始めます。ツツジより柔らかい雰囲気が独特の魅力を感じさせます。 […]
  • 小手毬(コデマリ)小手毬(コデマリ) 小手毬(コデマリ) (こでまり) 愛らしい様が人気、別名スズカケ 開花時期4月 主な見所浄妙寺、長谷寺、海蔵寺 […]
  • 立彼岸(タチヒガン)立彼岸(タチヒガン) 彼岸桜ともいわれるタチヒガン(立彼岸)はエドヒガン(江戸彼岸)の別名。桜より若干早く咲きます。鎌倉では浄智寺のタチヒガンにつきるという感じです。 […]
  • 諸葛菜(ショカッサイ)諸葛菜(ショカッサイ) 諸葛菜(ショカッサイ) (しょかっさい) 寺社やハイキングコースに多くみられる諸葛菜。梅が終わった春の季節に薄紫の花を咲かせます。 […]
  • 著莪(シャガ)著莪(シャガ) 中国から大昔に入って来たといわれます。種子が発生しないことから日本にある全ての著莪(シャガ)は同一の遺伝子を持っています。そのため、人の手の入っていないところには自生しません。著 […]
スポンサー広告