スポンサー広告

江島神社、泰安殿(弁天堂)。1182年に源頼朝の藤原秀衡調伏祈願のために文覚が勧請した八臂弁才天や裸弁天といわれる妙音弁財天が安置されています。江ノ島は元々現在の江島神社ではなく、明治の廃仏毀釈まで永きに渡り神仏習合の神宮寺、金亀山与願寺でした。大流行した江戸の江ノ島弁財天詣もまた、源頼朝起源の弁財天を目指したものですから、1450年前最初に神が祀られた岩屋とこの弁天様が江ノ島詣の核心です。

江島神社、泰安殿(弁天堂)。1182年に源頼朝の藤原秀衡調伏祈願のために文覚が勧請した八臂弁才天や裸弁天といわれる妙音弁財天が安置されています。江ノ島は元々現在の江島神社ではなく、明治の廃仏毀釈まで永きに渡り神仏習合の神宮寺、金亀山与願寺でした。大流行した江戸の江ノ島弁財天詣もまた、源頼朝起源の弁財天を目指したものですから、1450年前最初に神が祀られた岩屋とこの弁天様が江ノ島詣の核心です。
スポンサー広告
  • facebook
  • twitter

カテゴリー

鎌倉タイムをメールで購読!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

965人の購読者に加わりましょう

PR

本サイトに掲載されている原稿・写真・独自情報に類するもの等すべてのコンテンツの無断掲載を禁じます。取材・原稿執筆・写真撮影/貸出など承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。