源頼朝

源頼朝

(みなもと よりとも 1147-1199)

「鎌倉」を創成した鬼武者

 河内源氏6代当主。源義朝の3男、幼名鬼武者。鎌倉幕府創始者、征夷大将軍。在京の軍事貴族として父義朝とともに平治の乱に出陣。義朝は配死し頼朝は捕縛、伊豆蛭ヶ小島に配流され20年を過ごした後、平氏打倒の兵を挙げ父祖の地鎌倉から全国を平定。天皇制という制度の中に「武威の都、鎌倉」を創り上げた。頼朝による武士政権という日本の形は江戸幕府が倒れるまで約680年に渡り続くこととなる。

頼朝と伝えられる画像。神護寺所蔵。

頼朝と伝えられる画像。神護寺所蔵。

源頼朝坐像。13世紀に造られた国の重要文化財。画像提供:東京国立博物館(http://www.tnm.jp/)

源頼朝坐像。13世紀に造られた国の重要文化財。画像提供:東京国立博物館(http://www.tnm.jp/)

関連記事

蛭ヶ小島

山木兼隆の墓

伊豆山神社

石橋山古戦場

源頼朝船出の浜

源頼朝上陸の地

鶴岡八幡宮

大倉幕府跡

由比若宮(元八幡)

源氏山公園

甘縄神明神社

箱根神社

三嶋大社

海南神社

五霊神社

岩殿寺

永福寺跡

勝長寿院跡

荏柄天神社

佐助稲荷神社

銭洗弁財天宇賀福神社

神武寺

鐙摺城址

江島神社

本蓮寺

東漸寺(横須賀)

見桃寺(桃の御所跡)

本瑞寺(桜の御所跡)

大椿寺(椿の御所跡)

寿福寺(源義朝屋敷跡)

源頼朝の墓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

源義朝

次の記事

源頼家