明月院 やぐら(羅漢洞)

明月院やぐら(羅漢洞)。やぐらは鎌倉時代に多く造られた洞窟墳墓。明月院のやぐらは間口7m、奥行き6m、高さ3mと現存する鎌倉時代のやぐらとしては最大級です。もともとは1160年の平治の乱で戦死した山ノ内俊道の菩提を供養したものといわれています。

明月院やぐら(羅漢洞)。やぐらは鎌倉時代に多く造られた洞窟墳墓。明月院のやぐらは間口7m、奥行き6m、高さ3mと現存する鎌倉時代のやぐらとしては最大級です。もともとは1160年の平治の乱で戦死した山ノ内俊道の菩提を供養したものといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です