スポンサー広告

やぐら

中世墳墓跡といわれる「やぐら」は鎌倉が武家の都として発展した鎌倉中期から室町前半まで造られました。鎌倉特有といってもいいほど、鎌倉に集中しています。

明月院やぐら(羅漢洞/明月院境内) 鎌倉時代のやぐらとして最大級のもの。
まんだら堂やぐら群 中世のやぐらが多数残ります。逗子市により整備中。
火の見下やぐら 大仏切通しの出入口付近にあり、迫力のある場所です。
百八やぐら群 覚園寺裏、標高110m付近の山中に約180のやぐらがあります。

スポンサー広告