東慶寺のあじさい

(とうけいじのあじさい)

花菖蒲の後、かつての駆け込み寺はあじさいの季節を迎えます

梅の名所として名高い東慶寺は、あじさいや花菖蒲も見事です。境内奥、墓地へと上がる手前、石仏、古井戸と大きなタマアジサイがあわさった鎌倉らしい景色をみることができます。

エリア北鎌倉
住 所鎌倉市山ノ内1367
TEL0467-33-5100
拝観8:30~17:00/200円
アクセス「北鎌倉駅」下車、徒歩4分

東慶寺の山門。春は梅、夏はあじさい秋は紅葉に彩られます。

東慶寺の山門。春は梅、夏はあじさい秋は紅葉に彩られます。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

北鎌倉にある東慶寺は、かつて女人救済の駆け込み寺として著名でした。現在は臨済宗円覚寺派の男僧寺院となっていますが、往時の雰囲気が漂う名刹です。梅の名所として名高いものの、あじさいもまた見事ですから、季節には訪れておきたい場所です。

鎌倉街道からも見える茅葺きの山門へと至る階段の両側には紫のタマアジサイとガクアジサイが参道を覆うように咲いています。このあじさいは受付の前ですから、境内の開花状況を知ることもできます。山門を入ると両側は見事な梅並木になっていますが、この季節はあじさいが断続的に植えられています。墓地へと上がっていく坂の手前まであじさいをみながら歩くことができます。

関連記事

東慶寺について

東慶寺の梅

東慶寺の紅葉

鎌倉 あじさいの名所&見頃2015

東慶寺のあじさいフォトギャラリー

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です