(ハス)

仏の智慧や慈悲の象徴

インド原産の蓮(ハス)は、仏の智慧や慈悲の象徴とされています。如来像の台座には蓮華がかたどられ蓮華座といわれます。極楽浄土に往生 し蓮の花の上に生まれ変わって身を託すという思想から、一蓮托生の語源ともなっています。

鎌倉では鶴岡八幡宮の源平池と光明寺が有名です。特に光明寺の蓮は、古代蓮といわれる二千年前の蓮です。

1951年(昭和26年)、植物学者として蓮の権威だった大賀一郎博士は、千葉県千葉市検見川にある縄文時代の落合遺跡から3粒の蓮の実を発掘します。鑑定の結果この蓮は二千年前の弥生時代以前のものであることがわかりました。

大賀博士はこの3粒の蓮の実を持ち帰り発芽を試みます。2粒は失敗したものの残りの1粒は発掘の翌1952年(昭和27年)見事に大輪の花を咲かせます。このニュースは世界中を駆け巡り米国ライフ誌は「世界最古の花 生命の復活」と伝えています。

開花時期7月中旬~8月上旬
主な見所鶴岡八幡宮光明寺浄智寺

光明寺の蓮(ハス)。二千年前の美から発芽した太古の蓮です。開花は7月中旬~8月上旬です。

光明寺の蓮(ハス)。二千年前の美から発芽した太古の蓮です。開花は7月中旬~8月上旬です。

関連記事

  • 萩(ハギ)萩(ハギ) 紅紫や白の小さな小さな花を咲かせる萩(ハギ)。秋の七草の一つで、古から日本人に親しまれてきました。鹿鳴草、鹿の花妻、風聞草、月見草などの別称があります。鎌倉では萩寺といわれる宝戒 […]
  • 光則寺の紅葉光則寺の紅葉 鎌倉光則寺の紅葉の紹介ページです。花の寺として知られる光則寺の紅葉は里山の紅葉という雰囲気です。しみじみと秋を感じることができます。光則寺の紅葉最大の見どころは、本堂手前右手より […]
  • 泰山木泰山木 泰山木 (タイサンボク) 大きく美しい花 中国原産の雰囲気がありますが、北米中南部原産のモクレン科の常緑高木。6月中旬~7月上旬、ク […]
  • 牡丹(ボタン)牡丹(ボタン) 牡丹(ボタン) (ぼたん) 古くから愛された花の王 ボタン科の落葉小低木。大昔、中国から入ってきた牡丹は日本でも古くから観賞用として […]
  • 小手毬(コデマリ)小手毬(コデマリ) 小手毬(コデマリ) (こでまり) 愛らしい様が人気、別名スズカケ 開花時期4月 主な見所浄妙寺、長谷寺、海蔵寺 […]
  • 石楠花(シャクナゲ)石楠花(シャクナゲ) 石楠花(シャクナゲ) (しゃくなげ) ツツジ科の植物。ツツジより早く、桜の頃から咲き始めます。ツツジより柔らかい雰囲気が独特の魅力を感じさせます。 […]
スポンサー広告