立彼岸(タチヒガン)

(たちひがん)

彼岸桜ともいわれるタチヒガンはエドヒガン(江戸彼岸)の別名。桜より若干早く咲きます。鎌倉では浄智寺のタチヒガンにつきるという感じです。

開花時期3月末〜4月上旬
主な見所浄智寺

浄智寺のタチヒガン。旬を過ぎてしまい緑が目立ちますが、花が豊かに咲く種であることがわかります。

浄智寺のタチヒガン。旬を過ぎてしまい緑が目立ちますが、花が豊かに咲く種であることがわかります。

鎌倉の彼岸桜といえば浄智寺のタチヒガン。ソメイヨシノより1週間から10日ほど早く咲きますから、3月20日を過ぎたら開花を心待ちにするといった感じです。

浄智寺のタチヒガンは受付の背後に2株あり、高さは20m、樹齢は120年程といわれています。鎌倉市が指定した天然記念物32件のうちのひとつであり、昭和47年に指定されました。神奈川の名木100選にも選ばれています。

彼岸桜といわれるタチヒガンはエドヒガン(江戸彼岸)の別称。日本原産、バラ科サクラ属の落葉高木であり桜の野生種の一つ。本州、四国、九州に分布しており、樹高は15m〜25m。彼岸ころに花を咲かせることから名付けられました。花をたくさん咲かせるため母種として人気があり、ソメイヨシノの片親でもあります。

ヤマザクラのように桜の種の中でも大変長寿として知られます。山梨県にあるヤマトタケルが東征の時に植えたと伝わる樹齢2000年のエドヒガン「山高神代桜」や、岐阜県にある樹齢1500年を超えるエドヒガン「淡墨桜」など名高い巨木老木が多くあります。ちなみに、神代桜には「鎌倉」に関係するエピソードがあります。鎌倉時代に当地を訪れた日蓮は弱っている山高新代桜をみかねて、祈祷を行い蘇らせたという伝説です。

浄智寺は唐門脇の枝垂桜や本堂前の桜も見事であり、さらに背後の山々に咲く山桜も見所です。

立彼岸フォトギャラリー

関連記事

  • 牡丹(ボタン)牡丹(ボタン) 牡丹(ボタン) (ぼたん) 古くから愛された花の王 ボタン科の落葉小低木。大昔、中国から入ってきた牡丹は日本でも古くから観賞用として […]
  • 石楠花(シャクナゲ)石楠花(シャクナゲ) 石楠花(シャクナゲ) (しゃくなげ) ツツジ科の植物。ツツジより早く、桜の頃から咲き始めます。ツツジより柔らかい雰囲気が独特の魅力を感じさせます。 […]
  • 小手毬(コデマリ)小手毬(コデマリ) 小手毬(コデマリ) (こでまり) 愛らしい様が人気、別名スズカケ 開花時期4月 主な見所浄妙寺、長谷寺、海蔵寺 […]
  • 著莪(シャガ)著莪(シャガ) 中国から大昔に入って来たといわれます。種子が発生しないことから日本にある全ての著莪(シャガ)は同一の遺伝子を持っています。そのため、人の手の入っていないところには自生しません。著 […]
  • 諸葛菜(ショカッサイ)諸葛菜(ショカッサイ) 諸葛菜(ショカッサイ) (しょかっさい) 寺社やハイキングコースに多くみられる諸葛菜。梅が終わった春の季節に薄紫の花を咲かせます。 […]
  • 杜若(カキツバタ)杜若(カキツバタ) 湿地を好むアヤメ科の多年草で初夏に濃紫色の花を開きます。菖蒲と杜若は「どちらが菖蒲か杜若か」といわれるほど見分け難いです。杜若は中央に黄や白の斑紋があります。園芸用に品種改良され […]
スポンサー広告